居酒屋に佇む地縛霊

これは私が居酒屋でアルバイトしていた頃の話です。

その居酒屋は地下のB1とB2のフロアで収容人数は200名となかなかの大きさの店舗でした。

私はまだ、アルバイトを始めて2ヶ月ぐらいの事。
営業開始前の仕込みをしていて、食材をストックしているB2に下り取りに行った。
すると、サラリーマン風の50代かな、そんなお客さんが営業前にも関わらず気配を感じた。


あれ?
おかしいな~?

まだ、営業前だし他のアルバイトさんも居ないのに何でだろう?
と、思って気づいた。

あ~この世の者では無い人なんだと。

自分の場合は、ハッキリと見えているのではなく存在感で認識するタイプ。
そんな感覚がが視覚として見えているように認識をする。

そんな認識をしたのだが、他のバイトを怖がらせるのもなんなんで、黙っておくことにした。

その後は何事もなく営業をして、一日の終わりを向かえた。

それから暫く日にちが経ち、営業も終わりバイト仲間とたわいもない話をしていると。
バイトの田村さんがこう言い出した
「また、おっさんが営業前なのに入ってきたと思ったけど居なかった」
そして、周りは
「ははは!田村さん疲れてるんじゃね~の?」
「そう思うこと良く有る!」
「やっぱり居るんだ。私も、見たよ。」
「それよりさ…」
ってあっけなく話題を変えられた。
ま~忙しいお店だから、そんな感覚になることも有るだろう的な感じ。

そして、終電も無くなりそうになり、帰ることに。
出口に向かう階段の途中で、社員の人が自分に一言「下って幽霊居るみたいだよ」

自分、意外にも、気配を感じたり、見た人が居るのだとハッキリと理解した。

自分が感じたのは50代のサラリーマン風の男性。
悪さをする悪霊ではなく、ただ彷徨う地縛霊なのだろう。

なぜそこに居るのかは、解っていない。

霊は、あなたのの近くにも居るかもしれない…

保存

保存

保存

保存


カテゴリー: 怪談 | タグ:
| 投稿日: | 投稿者: 更新日:
閲覧数:427 PV

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。