スリー・キングス
心霊術

スリー・キングス(The Three Kings Ritual)と言われる儀式で海外のある掲示板に書き込まれた事によりブームとなった心霊術。

親しい友人や恋人に手伝ってもらう必要と、地下室や屋根裏部屋など密室が必要なため、一人暮らしの人には少し難しいかもしれない。

用意する物

  1. 儀式をする部屋
    地下室や屋根裏部屋など、静かで窓の無い大き目の部屋。(椅子を3つ、手の届かない距離に水の入ったバケツを置ける広さ)
    窓がある場合はカーテンや段ボールなどで塞ぐ。
  2. 恋人や友人など親しい人。
    儀式を終わらすためには第3者が必要不可欠なため。
  3. 1時間以上燃焼できるローソク
  4. ライター
  5. 水の入ったバケツ
  6. マグカップ
  7. 扇風機やサーキュレーター
  8. 大きな鏡2枚
  9. 椅子3個
  10. 目覚まし時計
  11. 十分に充電された携帯電話
  12. 子供のころから大事にしている玩具など

やり方

  1. 23:00から準備を始めます。
    「儀式をする部屋」にまず北向きに椅子を置く。これが自分の座る「玉座」となります。
  2. 玉座から手が届く範囲左右に向かい合わせに2つの椅子を置く。
    この二つの椅子には「女王」と「愚か者」の椅子になります。
    「女王」と「愚か者」の椅子の上に鏡を置く。
    「玉座」を中心に合わせ鏡になるように。
  3. 「玉座」の後ろの扇風機を置く。
    スイッチは弱か中の強さにする。
  4. 手の届かないところに水の入ったバケツとマグカップを置く。
  5. 電気を消して寝室に行く。
    この時、扉を開けたままにする。
  6. 3:30に目覚まし時計のアラームをセットして、近くに「携帯電話」を充電しながら「ローソク」「ライター」を置き、「子供のころから大事にしている玩具など」を持ち眠りに就きます。
  7. 3:30に目覚ましが鳴ったら、充電された「携帯電話」と「ライター」で火を灯した「ローソク」を持ち、「儀式の部屋」に向かう。
    この時に「携帯電話」が充電されていなかったり、3:33までに「儀式の部屋」にいけない場合は中止をする。
  8. 「儀式の部屋」に到着したらローソクの火が消えないように「玉座」に座る。
    この時に開けて置いた扉が閉まっていたり、扇風機が止まっていたら中止し、「恋人や友人など親しい人」と一緒に家を出て6:00以降に家に戻るようにする。
  9. 無事に「玉座」に座ったら、鏡やローソクを見ずに暗闇を見つめ、質問をする。
    すると「女王」か「愚か者」の報から質問の答えが聞こえてくる。
    「恋人や友人など親しい人」は部屋の外で待機してもらう。
  10. 儀式は途中で終わらすことをせずに、4:34に終了する。

終わらせ方

  1. 4:34になったら、「恋人や友人など親しい人」が部屋に入り名前を呼んでもらう。
  2. 反応が無い場合は「携帯電話」に電話をして気づかせる。
  3. それでも、気が付かない場合は「水の入ったバケツ」からマグカップで水を汲み掛ける。
  4. 後ろから吹き付けている「扇風機」の風で「ローソク」の火が消える。


カテゴリー : 心霊術

投稿日:  更新日:
閲覧数:218 PV

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。