呪い

呪い

この曲を聞くと呪われるというわけでは無いが、結構歌詞が怖い

その曲は1979年にリリースされた、山崎ハコさんの「呪い」という歌。
当時はラジオなどでも流されその恐ろしさに注目を集めた。
続きを読む

自殺者が出る放送禁止の【暗い日曜日】

暗い日曜日(くらいにちようび)は、1933年にハンガリーで発表されたヤーヴォル・ラースロー作詞、シェレッシュ・レジェー作曲による歌。初レコーディングされたのはハンガリー語で1935年。英語での最初のレコーディングは1936年。自殺者の出る曲として有名。
曲調、歌詞ともに陰鬱さを醸し出した本作は自殺ソングとして、またヨーロッパやアメリカでは「自殺の聖歌」として知られており、歌詞の内容は暗い日曜日に女性が亡くなった恋人を想い嘆くというもので、最後は自殺を決意するという一節で終わる。

続きを読む