渋谷七人ミサキ
呪い

1990年後半、女子高生の援助交際が盛んだった頃、妊娠をした女子高生たちが中絶をした後に次々とあちこちの坂で怪奇現象に襲われ7人が死亡したという。
中絶させられた水子たちが七人ミサキとなりその母親である女子高生たちを呪い殺したと言われている。

この「七人ミサキ」とは、人間の七人の死霊で、見たり、遭った者は取り憑かれて高熱を出して死んでしまうと言われており、一人を取り殺すと七人ミサキの中の一人が成仏して殺された者が七人ミサキ加わると言われている。
その為、常に七人の死霊とされている。
ミサキとは「御先」と書き、神、悪霊、精霊などの神霊の出現前に現れる霊的存在の総称とされている。

中絶した女子高生が噂では渋谷の「スペイン坂」と言われているが、坂道を歩いているとどこからか赤ちゃんの泣き声が聞こえてきたという。
そして、その夜から高熱にうなされて死んでしまうという、または数日で死に至ったという。

そんな事が立て続けに7人もの女性高生が亡くなり、この世に生まれてこなかった水子の七人ミサキだと噂になった。

そして、死亡した女子高生たちは成仏した水子に成り代わり七人ミサキとなり、今度は援助交際している女性の前に現れ呪い殺しているといわれている。

しかし、現在では法律や警察の取り締まりが厳しくなり、援助交際をする若者は居なくなったことにより都市伝説として語られることが多い。

援助交際するには警察以外にも七人ミサキにもお気をつけあれ・・・。


カテゴリー : 呪い

投稿日:  更新日:
閲覧数:310 PV

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。