盛り塩で結界を張る

霊に取り憑かれた時や、体調がすぐれない時などに霊を「盛り塩」を使って部屋から追い出す方法です。

強い霊は逆効果となる場合も有るため自己責任でお願いします。
そんなに難しい事では無いので、最近なんかおかしいなって時は試す価値はあると思います。

用意する物
1、天然の粗塩(無い場合は普通の食塩に少しだけ水を含ませる)
2、紙(盛り塩を作るための物)

まずは盛り塩を作りやすくするための物を作ります。
紙に円を描く

円を切り取る

半分に切る

テープなどで張り付けて円錐を作る

以上で出来上がりです。
この中に粗塩もしくは少し湿らせた食塩を入れてギュッと押します。

この時に、盛り塩が崩れてしまう場合は、円錐に塩を詰めた状態で、下敷きや紙などで蓋をしてひっくり返えし蓋になっている下敷きをそっと抜く。
そして、円錐の紙を抜き取る。こうすれば綺麗な盛り塩が出来ます。

さて、この盛り塩なのですが玄関と窓の両端に置きます。
入り口となるところに結界を張る感じです。

この盛り塩を設置した後に、盛り塩と盛り塩を繋ぐように、塩で線を引きます。
このようにすることによりより強い結界が張られます。

部屋の中心に行き、心を落ち着かせて座ります。
目を閉じて、心の中で出来るだけ強く「結界」と念じます。
念じることにより、霊が一時的に外に出ていき、結界が有るため入って来れなくなります。

そして、しばらくすると部屋の中の空気が清々しくなるのが感じ取れるでしょう。

逆に、盛り塩が崩れていたり、ラップ音が激しくなったり、何者かの気配が強く感じられたりしたら、霊が怒っているのでさらなる心霊現象に悩まされることになるかもしれません。
自己責任でおねがいします。

近くにスーパーなど無かったりする方の為にAmazonで買えるようにリンクを貼っておきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。