怖い話(短編) 6 件掲載

物語までならないちょっとした心霊体験を掲載しています。

怖い話(短編) ランキング

  • 1位 首吊り自殺を訴える男 - 363 PV

    まだ、20代の頃の話ですがまだ仕事を始めて間もない頃に給料も少なく、生活が厳しく飲食店でバイトを内緒でしていた。 暫くバイトをやっていると仲の良い友達も何人か出来、家に行って遊ぶようになっていった。

  • 2位 通りすがりの落ち武者 - 297 PV

    暫く仕事が忙しく、昼間にちょっとした時間が出来たからそのまま横になり少し昼寝をしようと寝ころんでいた。 寝ていると、壁の方から落ち武者の生首が近づいてくるのが解った。もちろんこの世の者では無い。

  • 3位 しゃがみ込んでいる人 - 286 PV

    休みの日に、ひとりでご飯を食べに出掛けた時の事だった。 何を食べようかと悩みながら駅前に差し掛かった時だった。

  • 4位 死神の訪問 - 275 PV

    知り合いの家に止まった時の出来事なんだが、夜も更けそんなに遅くは無いのだが寝る事にした。 深夜に、知り合いの家の子供がいきなり大声で泣き出した。 窓の方を見てみると、そこには黒くモヤモヤとしたオーラみたいなものを発した中 …

  • 5位 彷徨う女 - 260 PV

    信号待ちをしていると、目の前の信号待ちをしている人混みの中にちょっと気になる女性が居た。女性は全身白の服装で、髪は肩より下なである清楚な感じな感じで、信号待ちなのでチラッと目に入った程度だった。

  • 6位 訪問者 - 163 PV

    何も変わらない日常を過ごしていた。特に変わった事もしていないし、何か思い当たる節は無かった。 深夜にトイレに起きた時の事だった。トイレを済まし布団に入り何か違和感に気が付いた。

  • 訪問者

    何も変わらない日常を過ごしていた。特に変わった事もしていないし、何か思い当たる節は無かった。

    深夜にトイレに起きた時の事だった。トイレを済まし布団に入り何か違和感に気が付いた。

    続きを表示

  • 首吊り自殺を訴える男

    まだ、20代の頃の話ですがまだ仕事を始めて間もない頃に給料も少なく、生活が厳しく飲食店でバイトを内緒でしていた。

    暫くバイトをやっていると仲の良い友達も何人か出来、家に行って遊ぶようになっていった。

    続きを表示

  • 通りすがりの落ち武者

    暫く仕事が忙しく、昼間にちょっとした時間が出来たからそのまま横になり少し昼寝をしようと寝ころんでいた。

    寝ていると、壁の方から落ち武者の生首が近づいてくるのが解った。もちろんこの世の者では無い。

    続きを表示

  • 彷徨う女

    信号待ちをしていると、目の前の信号待ちをしている人混みの中にちょっと気になる女性が居た。は全身白の服装で、髪は肩より下なである清楚な感じな感じで、信号待ちなのでチラッと目に入った程度だった。

    続きを表示

  • しゃがみ込んでいる人

    休みの日に、ひとりでご飯を食べに出掛けた時の事だった。

    何を食べようかと悩みながら駅前に差し掛かった時だった。

    続きを表示

  • 死神の訪問

    知り合いの家に止まった時の出来事なんだが、夜も更けそんなに遅くは無いのだが寝る事にした。

    深夜に、知り合いの家の子供がいきなり大声で泣き出した。

    窓の方を見てみると、そこには黒くモヤモヤとしたオーラみたいなものを発した中年のおじさんんが窓にベッタリと手を当て無表情に中を覗き込んでいるのが見えた。

    続きを表示