ポルターガイスト
心霊現象

ポルターガイスト現象(Poltergeist)は主に誰も触っていないのに物が動いたり、ラップ音が鳴ったり、発光発火などを繰り返す現象だと言われている。

主に霊の仕業とされ強力な霊になると、体を叩かれたり引っ張られたりもする。

心霊スポットなどで、ラップ音がするという事や、声が聞こえるというのもポルターガイスト現象とされている。
ノックする音や足音なども含まれる。

ポルターガイスト現象としては1660年代頃から有ると言われており、特に海外で恐れられている。
日本でも、誰も居ないのに石が飛んできて窓ガラスを割ったということも起きたようだ。

現象は様々で、ドアがひとりでにスーッと開いたというものから、机の引き出しがガタガタ揺れたというものから、椅子がひとりでに動いて家具を壊した、物が宙に浮くいうものまで、多種多様だ。
また、物が消えいくら探しても見つからないが、いつのまにか元の場所に戻っているというのもある。

また、テレビやラジオなども干渉するこもあり、いきなりテレビが点いたり、消えたり。
全く関係ない声が混じったり、霊と思われる者が映り込むこともあるという。

こういった場所では霊の存在と思われるオーブもたくさん飛んでおり、写真に写る事が多い。

日本ではさほど多くは無いが、海外のホテルやバーでは度々ポルターガイスト現象で悩まされる店もある。
しかし、これを逆に観光スポットとして売りにしているところも多く存在する。


カテゴリー : 心霊現象

投稿日:  更新日:
閲覧数:224 PV

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。