生き人形遊び
心霊術

ひとりかくれんぼ」とやり方が似ており、そこから派生したものではないかとも言われているが、使う人形によっては「ひとりかくれんぼ」よりも危険だという噂がある。

これも、一種の降霊術となっている。

用意する物

  1. 鏡を2つ
  2. 蝋燭
  3. ライター
  4. 日本人形(より人に近い人形が良いとされ、ぬいぐるみなどはダメ)
    この日本人形によっては効果が強くなる恐れも有るので慎重に選んだ方が良い。
  5. 身代わりの人形(人形であれば何でも可)
  6. 自分の髪の毛1本
  7. 紙に包んだ塩(塩はスプーン5杯分)
  8. 火を使うので念のために、火を消せる水や消化器。

やり方

  1. 鏡2枚を、合わせ鏡にして、その間に日本人形と蝋燭を置く。
  2. 身代わりの人形に自分の髪の毛を付けておく。
  3. 深夜0:00時になったら蝋燭に火を灯す。
  4. 人形に向かって
    「新しい体を置いておきます、どうぞお使いください」
    「新しい体を置いておきます、どうぞお使いください」
    「新しい体を置いておきます、どうぞお使いください」
    「新しい体を置いておきます、どうぞお使いください」
    「新しい体を置いておきます、どうぞお使いください」
    と5回唱える
  5. 次も人形に向かった
    「遊びましょ」
    「遊びましょ」
    「遊びましょ」
    「遊びましょ」
    「遊びましょ」
    と5回唱える。
    唱え終えると、ラップ音や、戸がガタガタしたりと言った心霊現象が起きる場合がある。
  6. さらに人形に向かって
    「私を探してください。見つけたら命をあげます
    「私を探してください。見つけたら命をあげます
    「私を探してください。見つけたら命をあげます
    「私を探してください。見つけたら命をあげます
    「私を探してください。見つけたら命をあげます
    と五回唱える。
  7. 唱え終わったら、身代わりの人形と紙に包んだ塩をもって大きな部屋や自分の部屋に行き、部屋の電気を消して真っ暗にしてからドアを背にして座禅を組み、自分に塩を少量掛ける。
  8. あとは、人形が部屋に来るのを待つだけです。
    もし、人形が来ても決して外に出てはいけない。
    出ると追いかけてくるので、押し入れなどに隠れる。

    この時、声を出したり、物音を立ててはいけない。
    もし、音を立てると見つかってしまい、命を取られてしまう

終わらせ方

  1. 自分の髪の毛を付けた身代わりの人形を部屋に置いたまま、紙に包んだ塩を持って、蝋燭のある部屋まで行く。
    この時、あくまでも身代わりの人形があるので、自分が居る事を悟られないように静かに慎重に行動する事
  2. 蝋燭の前に人形が居たら、人形に向かって
    「あなたの負けです。おしまい。」
    「あなたの負けです。おしまい。」
    「あなたの負けです。おしまい。」
    「あなたの負けです。おしまい。」
    「あなたの負けです。おしまい。」
    と五回唱える。
  3. 唱え終わったら、蝋燭の火を消し、自分に少量の塩を振りかける。
    この時、蝋燭と鏡が有る場所に人形が居なかったら、必ず探し出し塩を掛ける。
  4. 電気をつけ明るい雰囲気を作る。
    最低1時間は保つようにする。
  5. 3日以内に、人形供養の神社に行き人形を納める。

カテゴリー : 心霊術

投稿日:  更新日:
閲覧数:887 PV

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。