池袋
怪談・怖い話

私がこの心霊関連の記事を書くようになる以前からの話し。

池袋と言えばサンシャインが有り、歓楽街が賑わっていて関東近郊の人なら一度は遊びに言った事も有るだろう場所。

そんな場所で怖い話しなんて無いだろうと思われるが、実は子供の頃に遊びに連れてきてもらった時なんか嫌な感覚が有ったのを覚えてる。

そして、大人になってからも何か嫌な感じは変わらず、余りこの場所には居たくないと思っていた。

何か怖い。

そんな感じ。

ある日、ネットで知り合った人達とご飯を食べてカラオケに行くことになった。

池袋について、カラオケの方へと向かっていくと、やはり嫌な感じ。
そして、何か生臭いというか、死臭が鼻を突いた。

確かに、飲食店も多く生ごみの臭いって事かもしれないのだが、明らかに動物が腐った死臭の臭いも混じっていた。

この時に「なんか臭くない?」

って友達に聞いてみても

「スンスン・・・別に何も臭いしないよ」

との返答
どうやら自分だけがこの臭いを感じているみたいだった。

飲食店が多くネズミの死体が有ったのかも、と言えばそれで終わりなのだろうけど、血生臭い臭いのもあったので多分違うだろう。

その後、この仕事も色々と調べていくと、やはりここ池袋は余り良いところでは無いのが解った。

昔、ここは辻斬りが多く、多い時には10人以上人が切られていた場所だったという。
辻斬りとは、刀の切れ味を試す為、小銭が欲しい為、八つ当たりなど、理不尽な理由で人が切られていたという。
その辻斬りにあった人を供養するために「四面塔」と言うのも立てられていた。

さらに、サンシャインが有る場所には昔「巣鴨プリズン」という刑務所で52名が処刑された場所でもあった。

以前にサンシャインの中にある会社に勤めていた人が、サンシャインで霊が出るのは当たり前と言っていた人が居たのを思い出した。
サンシャインでは確か、オープンしてすぐに屋上から飛び降り自殺した人が居たというのがあったらしい。

そう言ったのも踏まえると、サンシャイン通り、サンシャイン付近は曰くつきの場所だというのが解った。

今でも池袋には嫌だな~と思っている。
そんな風に思っているからだろうか、池袋に行く用事っていうのも無いし、行く理由もほとんどない。


カテゴリー : 怪談・怖い話

投稿日:  更新日:
閲覧数:86 PV

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。