人魂
心霊現象

人魂(ひとだま)とは、空中を浮遊する火の玉や光る玉の事で、死んだ人の魂が抜け出した物だと考えられている。

その為に、見たという情報は墓地などが多く、事故現場や、死んだ人の家の庭死体の近く、沼や水辺、心霊スポットなどでも目撃される事がある。

人魂の色は、青白などが有りバリエーションは様々で、尾を引いてあまり高くないところを這うように飛ぶと言われている。

人魂の科学的根拠ちうのも有り、昔は土葬だった為に遺体から出たリンが雨などに反応して光る説や、プラズマ説がある。

また、沼などでの目撃では、沼で発生したガスが燃えたという説や、蛍などの光が人魂のように見えた誤認などとも言われている。

可燃性ガスなどで人工的に人魂を作る実験が行われ見事、人工的な人魂の生成に成功した物のそれだけでは説明できない目撃例も多い。

その為、人魂がどのように発生、発火して浮遊している現象は今のところちゃんとした事は分かっていない。

最近では、人魂の目撃は少なくなったようだが、昔は人魂の目撃が多かったようだ。
その為、人魂が恐れられていたという事も有ったようだ。

海外でも同じ現象が有り、写真なども撮られている。


カテゴリー : 心霊現象

投稿日:  更新日:
閲覧数:307 PV

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。