霊に取り憑かれたら
心霊現象

心霊スポットで霊に取り憑かれてしまったり、事故現場に遭遇してしい取り憑かれたり、たまたま通りすがりの浮遊霊や自殺者の地縛霊に取り憑かれてしまったらどうなるでしょうか。

様々なマイナスな事が起こりうる症状を解説していきます。
最悪の場合は、霊が目の前に現れたり、精神の病になってしまったり、事故に遭ってケガや死亡してしまうなんて事も考えられます。

肩こりが酷くなる
普段から肩こりなんかしない人でも取り憑かれると、大したことをしていないのに肩がこるといった症状が出る人が多いです。
また、普段から肩こりに悩まされている人でもさらに、痛いぐらいの肩こりに悩まされるでしょう。

疲れが取れない
十分に睡眠をしたにもかかわらず、疲れが取れていないというのも有ります。
これは、夜中にうなされている可能性があります。
悪夢を見るようになったり、深夜に金縛りにあったりなども起こりえます。

イライラする
霊に取り憑かれると、精神的に不安定になる事も多く、結果として何でもない事なのにイライラしたり、つい人に当たってしまうという事があります。
後になってから、なんでイライラしていたんだろうと我に返るような事も良く有ります。

急に涙が出る
家でくつろいでいる時に、いきなり悲しくなり涙が出てくることが有ります。
霊の感情が自分に流れてきているからです。

急に吐き気がする
これも涙が出るのと同じで、霊の感情が自分に流れ込んでいる事に起こる現象です。

家電製品の調子がおかしくなる
霊は電化製品に影響を及ぼすことが多々多いです。
ポルターガイスト現象でもそうですが、テレビが勝手についたりなんてもあります。
リモコンが利きづらい、買ったばかりの電化製品が壊れるという事が多々あります。
特にテレビやパソコンに影響が出やすいのが特徴です。

部屋が汚くなる
霊に取り憑かれると、やる気も起きず、徐々に部屋が汚くなっていきます。
今日はなんかだるいし、めんどくさいから掃除は今度にしよう。
と言うのが重なり、いつの間にか部屋の隅に誇りが貯まるようになっています。

仲のいい友達と疎遠になる
今まで仲がよかったのに、なぜかなかなか会えなくなったり疎遠になってしまったりという事が有ります。
これは、霊が楽しい事が嫌いなので、友達や楽しい仲間を遠ざけようとしているからです。

出費が多くなる
直接的な影響ではなく、小さなマイナスの部分が多くなり出費が多くなる傾向にあります。
例えば、怪我をしたり風邪を引いたり、物が壊れたりと言った事が多くなり、今まで以上に出費が多くなります。

事故に遭う
憑りついた霊によっては、あの世に連れて行こうという恐ろしい霊も居ます。
そういった、霊に取り憑かれた人は交通事故を起こします。
心霊スポットに行った帰りに事故を起こす、といった事です。

自分の部屋の空気が冷たい
霊に憑かれると、部屋の空気も変わります。
主に、部屋がなんか冷たい感じがするというものです。
または、違和感を感じたり、別の世界の様な感覚になる事も有ります。

部屋でラップ現象が起きる
部屋の中で、パチパチや、パキっという音、何かをこするような音など、ラップ現象が多くなります。

誰も居ないのに人の気配を感じる
視線を感じたり、誰か居るような感じになります。
まさしくそこに霊が居るのかもしれません。
この状況が続くと、霊が現れてしまう、声が聞こえてくる事も有ります。

精神病になる
様々なマイナスの現象が起こり、霊が誘導するのもあり、精神的不安定から鬱病になったり、パニック障害、過呼吸などになる場合が有ります。
過度の鬱病になると「死にたい」「消えたい」などの感情も出てくると危険です。
入院することになるでしょう。

いくつか思い当たる節があるようなら、お寺で除霊してもらうのが良いかもしれません。
しかし、何もしなくても離れて行く霊も居ます。
一番、いい方法としては、考えをポジティブにし、部屋を綺麗に保つことです。
霊の居心地の悪い環境、明るく清潔な環境にしていれば自然と霊はどこかに行ってしまいます。


カテゴリー : 心霊現象

投稿日:  更新日:
閲覧数:936 PV

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。