合わせ鏡
心霊術

合わせ鏡は主に、自分の後ろを見る為の事で、理容室などで襟足を確認する時に良く利用されている。

また、空間を広く見せる為にお店などにも使われることが有る。
今では余り見かけないが、遊園地のミラーハウスも合わせ鏡になっている。

この合わせ鏡が危険だというのは、霊の通り道になったり、異世界のものが映り込んだり、自分が映っているのにその一つだけ違うものが映り込むなど色々と言われている。

また、昔から不吉な事が起きると言われており、合わせ鏡は止めなさいと注意された方も多いのではないだろうか。

主に、心霊や怖い事が起きるのは、長時間合わせ鏡をしていると、霊界と繋がってしまう霊の通り道になってしまうと言われているようだ。
また、時間的に合わせ鏡をすると何かが起きるというのも多い。

  • 0:00丁度に合わせ鏡で自分の姿を見ると、未来の姿が写っている
    近い将来に死ぬ場合は死に顔が写るという。
  • 2:00に合わせ鏡をすると、心霊現象が起きる
  • 合わせ鏡で3番目に写る自分の顔が自分の死んだときの顔だという話もある。
    3:33に合わせ鏡で自分の顔を見ると自分の死んだときの顔が写ると言うのも有る。
  • 0:36に東西南北に異なる大きさの鏡を、鏡面を内側になるように合わせ鏡にし、真ん中に蝋燭を立てる。
    27分間そのままにしておく。
    そして、合わせ鏡を覗くと恐ろし物が写っているという。

合わせ鏡による噂は多く、合わせ鏡の自分が動いたというのも有れば、心霊動画でもいくつか有る様だ。


カテゴリー : 心霊術

投稿日:  更新日:
閲覧数:224 PV

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。