彷徨う女 怖い話(短編)

信号待ちをしていると、目の前の信号待ちをしている人混みの中にちょっと気になる女性が居た。は全身白の服装で、髪は肩より下なである清楚な感じな感じで、信号待ちなのでチラッと目に入った程度だった。

気になると言っても、知り合い?違うよね。とすぐに気のせいかと思うようなちょとした存在だった。

横断歩道の信号が青になり横断歩道を歩き出し、さっき気になった女性の横を通り過ぎる感じになるようだった。

今日はどうしようかなどと考えながら女性の横を通り過ぎる時に気が付いた。

少し透けてる!人じゃない!

通り過ぎてから、振り返って確認してみるとそこには女性の姿は消えていた。

何だったのだろうか?街中にもふらふらと歩いている霊も居るんだなと思う出来事だった。


カテゴリー : 怖い話(短編)

投稿日:
更新日:
閲覧数:260 PV

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。