ランキング

  • 1位  心霊術 鏡の前でお辞儀 - 7,819 PV

    「洒落にならない怖い話」の名作と名高い「リアル」という物語に出てきたやってはいけない儀式として噂さされている。 内容では、霊能者に祓ってもらっても効果がなく、寺に逃げて事なきを得たという。 同じように儀式をして、呼び出し …

  • 2位  心霊術 家に霊が居るか調べる - 5,648 PV

    テレビなどでも紹介された、家に霊が居るか調べる方法。 この方法では、霊感がある人には解るというもので霊感のない人には解らないという。

  • 3位  心霊術 盛り塩で家に霊が居るか調べる - 5,090 PV

    家に霊が居るか調べる方法として、「盛り塩」を使うという手段がある。 少し時間がかかるかもしれないが、怖い思いが比較的少ない方法だと言えるだろう。 異変のある所や、嫌な雰囲気がある場所、ここだけ寒気がするなど、空気が冷たい …

  • 4位  怪談・怖い話 ラブホテルに自殺した女の霊 - 4,504 PV

    これは昔し、少し飲み歩いていた頃の話です。 当時、電気屋で働いていた頃、隣に小さなシルバーのアクセサリーショップがあった。 そのショップは主にボディーピアスやハードなシルバーリングなど扱うお店で、自分も何回か見に行ったこ …

  • 5位  心霊雑学 心霊番組が減った理由2019年 - 4,251 PV

    近年心霊場組が減っている傾向に有ります。夏でも各テレビ会社での心霊関連の番組は少なくオカルト好き、心霊好きには寂しい限りです。そんな方々になぜ心霊番組が減ってきたのか近年の傾向から考えてみます。

  • 6位  心霊術 塩まじない - 4,181 PV

    手軽に出来て、願いが叶うと噂のある「塩まじない」は、「無くすおまじない」で、やり方を間違えると、とんでもないことになり注意が必要だと言われている。 就職、恋人、お金関係で試す人が多いみたいだ。

  • 7位  心霊術 やってはいけない儀式 - 4,125 PV

    4枚の鏡と一本のローソクでやるこの「やってはいけない儀式」と言われている心霊術を試した者がおり、合わせ鏡の中にとても恐ろしいものが写ったという。 あまりの恐ろしさに口が利けなくなり精神病院に入院。 最後に『見なければよか …

  • 8位  心霊術 異世界へ行く方法(飽きた) - 3,873 PV

    心霊術と言うよりは、まじない的な意味が有るのかもしれない方法で、やり方などもシンプル。 異世界と言ってもパラレルワールド(並行世界)の自分と入れ替わるという事らしく、劇的に変わるわけでは無い様だ。 噂によると人生に飽きた …

  • 9位  心霊術 生き人形遊び - 3,689 PV

    「ひとりかくれんぼ」とやり方が似ており、そこから派生したものではないかとも言われているが、使う人形によっては「ひとりかくれんぼ」よりも危険だという噂がある。 これも、一種の降霊術となっている。

  • 10位  心霊術 鬼門を開ける方法 - 3,649 PV

    2008年に、某掲示板にて「鬼門を開ける方法」というタイトルで投稿があった。 そして「本当に、人生が嫌になったらこれを試してください。」と書かれていた。 そして、これを試した人が怪死したのではないかと話題になった。

  • 曰くつきの土地

    以前勤めていた会社の話しなのですが、当時は従業員50人と余り大きい会社では無かったのですが、レクリエーションとして運動会的な模様し物をすることになった。

    その会場となる場所の公園では公衆トイレでは首吊り自殺をしたという噂や、焼身自殺をしたという噂があり、周辺では自殺が多い団地で知られる場所もあった。

    さらに、近くのアパートでは、めった刺しにされて死んだ有名人がおり、その後に入居した有名人も不可解な死を遂げたという事も有り、あの有名怪談師の話しにもなっていた。

    続きを表示

  • 会社で深夜に遊ぶ子供の霊

    始めて務めたアニメーション会社での出来事なのだが。

    当時のアニメーション会社では徹夜での仕事というのが当たり前のように行われていた時代。

    そして、やはり給料が良くなく進んで徹夜仕事をしていた。

    会社は4階建てのビルで3階だったと思う。
    大分昔の事なのでうろ覚えのところはある。

    続きを表示

  • マンションに居る子供の霊

    以前付き合っていた彼女の家に泊まりに行った時の話しなのだが。

    当時の彼女は実家に住んでおり、家族が旅行に行くから、という事で泊まりに行くことになった。

    お昼過ぎに家に着きマッタリと過ごしていた。

    近くには商店街やショッピングモールなど無く、家でゲームをするか、映画を見るかの楽しみしかないような場所だった。

    続きを表示

  • お化けトンネル

    地元では知られた幽霊が出るというトンネルで、全国的には余り知られていないが、地元では知られたお化けトンネル。

    山の方にあるトンネルで、余り人も通らず車一台がやっと通れる幅の小さなトンネルだ。
    長さは100mぐらいだろうか、そんなに長くもなく、中は街灯も無く真っ暗なトンネル。

    たまたまネットで見つけた心霊スポットサイトがきっかけに近くのお化けトンネルに3人で行くことになった。

    続きを表示

  • 正月

    一昨年(2018年)の正月2日目の話しなんだが。
    その日は、午後13時過ぎに親戚や家族で集まってテーブルを囲みお節を食べてお日本酒を飲んでいた。

    久しぶりに大勢の人が集まり、仕事はどうだとか、ワイワイやっていた。

    15時も過ぎてくるとお酒が周り眠くなってきて、寝ている親戚も出てきた。
    そして、自分も眠くなりウトウトと・・・・。

    少し眠る事にし、その場でごろんと横になり眠った。

    続きを表示

  • 雪の日の黒い人影

    私が見たのはなんだったのだろうか。
    黒い人影は幽霊だったとしか言いようのない不思議な現象。

    浮遊霊だったのかは不明だが確かに見た。

    有る寒い日の夕方。
    前日から雪が降り始め止む気配は無かった。
    元々、冬には雪が積もる地方で有る事なのですっかり冬だなという感じ。

    深々と降る中、何気なく窓のを見てみると黒い人影がうごめいているのが見えた。

    続きを表示

  • 霊を呼ぶ方法

    霊を呼ぶ方法として提案します。

    ご先祖の霊背後霊、などは安全ですが、悪霊、近くの地縛霊浮遊霊生霊なども呼んでしまうので場合によっては危険になるかもしれません。
    そして、霊感の無い人でも霊の存在を確認できる可能性がある方法でも有ります。

    やる場合は自己責任でおねがいします。

    続きを表示

  • ドライ・ボーンズ

    2013年、海外の掲示板で」ドライ・ボーンズ(Dry Bones ritual)」という遊びが書き込まれた。直訳すると「乾いた骨の儀式」。

    悪魔を召喚しかくれんぼをする心霊術として、日本で言う「ひとりかくれんぼ」に似ているが、成功すると見返りに欲しいものや願いが叶うという。

    続きを表示

  • スリー・キングス

    スリー・キングス(The Three Kings Ritual)と言われる儀式で海外のある掲示板に書き込まれた事によりブームとなった心霊術。親しい友人や恋人に手伝ってもらう必要と、地下室や屋根裏部屋など密室が必要なため、一人暮らしの人には少し難しいかもしれない。

    続きを表示

  • チャーリーゲーム

    海外では「Charlie Charlie challenge(チャーリー、チャーリー、チャレンジ)」や「Charlie Charlie Pencil Game(チャーリー、チャーリー、ペンシルゲーム)」と言われる降霊の一種で、手軽な事から試す人も多い最近の流行りの心霊術となっているみたいだ。

    コックリさんの簡易バージョンとも言えるとても簡単なやり方だけにチャレンジする人も多いみたいだ。

    続きを表示

  • ブラッディ・メアリー

    海外では人気の心霊術で、日本でそんな事起こるのだろうかと疑問に思ってしまうが、少なからず何か起こってしまったという動画が有るようだ。

    この、方法も鏡が有ればそれで出来る手軽なやり方なのだが、深夜にやらないといけないのでやはり恐怖はあるだろう。

    続きを表示

  • お風呂でだるまさんがころんだ

    用意する物もなく、やり方は簡単です。

    しかし、だからこそ興味本位でやる人も多く、もし何か心霊現象が起きてしまったらお風呂が怖くて入れなくなるかもしれないのが要注意だ。

    続きを表示

  • おかえりなさい

    必ず霊と遭遇できる、高確率で幽霊が現れるなどと言われている降霊術の一種。

    試した人も多く何かしらの心霊現象も起きているらしい。
    深夜に部屋を薄暗くしてやると効果が高いと言われている。

    続きを表示

  • 病院の305号室

    これは知り合いから聞いた話なんですが、ある病院の305号室に心霊現象が頻発するようになり、今は倉庫となっているのだという。

    そして、倉庫となった今でも時々心霊現象が起きているというのだ。

    続きを表示

  • 心霊写真

    心霊写真と言うのは世の中に沢山あるが、ほとんどは作られたものか人の顔のように見えてしまうというのが多い。

    続きを表示

  • 座敷わらし

    座敷童子(ざしきわらし)は主に岩手県に伝わる幸福をもたらす、幽霊や妖怪などの部類に入り、その容姿は3歳ぐらいから15歳ぐらいの子供だという。

    主に多いのは6歳前後の子供の座敷わらしが多く、男女どちらも存在する。
    女の子の座敷わらしは、おかっぱ頭でちゃんちゃんこや、振袖、小袖などの姿の事が多く、男の子のざしきわらしも、おかっぱ頭か散切り頭で紺や黒っぽい着物を着ているという。

    続きを表示

  • ポゼッション(2012年)

    この物語は実話をもとに作られた映画で、全米でもヒットした名作。

    内容は、呪われた箱と言われる中に封じ込められたミイラによる”何か”が少女に襲い掛かる。
    ”何か”のおぞましい恐怖を描きながらも、離婚によって崩壊しかけていた家族の絆の再生をも描いてる。

    続きを表示

  • ひとりおしゃべり

    降霊術の一種だと言われている「ひとりおしゃべり」
    終わらせ方は無く、もし霊が来てしまったら危ないかもしれない。

    続きを表示

  • 霊感がある人の手相

    霊感がある手相としてよく言われているのが「仏眼相」と「神秘的十字線」と言われておりこの両方がある人は非常に霊感が高いと言われている。

    または、一つでもあると霊感が強いと言われています。
    実際の霊能者などにこの手相がある人が多いのだと言う。

    続きを表示

  • 霊が見える

    霊感がある人なら見た人も居るかもしれないが、見る人やその霊によって見え方は様々です。
    また、見えたからと言って必ずしも危害を加えてくる霊ばかりではありません。

    特に街中や会社などで見かけるような霊は、危険度が低い傾向にあります。
    しかし、心霊スポット死亡事故現場殺害現場など強い怨念がある霊は注意したほうが良いです。

    続きを表示