ランキング

  • 1位  心霊術 鏡の前でお辞儀 - 4,747 PV

    「洒落にならない怖い話」の名作と名高い「リアル」という物語に出てきたやってはいけない儀式として噂さされている。 内容では、霊能者に祓ってもらっても効果がなく、寺に逃げて事なきを得たという。 同じように儀式をして、呼び出し …

  • 2位  心霊術 家に霊が居るか調べる - 4,486 PV

    テレビなどでも紹介された、家に霊が居るか調べる方法。 この方法では、霊感がある人には解るというもので霊感のない人には解らないという。

  • 3位  心霊術 盛り塩で家に霊が居るか調べる - 4,227 PV

    家に霊が居るか調べる方法として、「盛り塩」を使うという手段がある。 少し時間がかかるかもしれないが、怖い思いが比較的少ない方法だと言えるだろう。 異変のある所や、嫌な雰囲気がある場所、ここだけ寒気がするなど、空気が冷たい …

  • 4位  怪談・怖い話 ラブホテルに自殺した女の霊 - 3,620 PV

    これは昔し、少し飲み歩いていた頃の話です。 当時、電気屋で働いていた頃、隣に小さなシルバーのアクセサリーショップがあった。 そのショップは主にボディーピアスやハードなシルバーリングなど扱うお店で、自分も何回か見に行ったこ …

  • 5位  心霊術 やってはいけない儀式 - 3,342 PV

    4枚の鏡と一本のローソクでやるこの「やってはいけない儀式」と言われている心霊術を試した者がおり、合わせ鏡の中にとても恐ろしいものが写ったという。 あまりの恐ろしさに口が利けなくなり精神病院に入院。 最後に『見なければよか …

  • 6位  心霊術 塩まじない - 3,131 PV

    手軽に出来て、願いが叶うと噂のある「塩まじない」は、「無くすおまじない」で、やり方を間違えると、とんでもないことになり注意が必要だと言われている。 就職、恋人、お金関係で試す人が多いみたいだ。

  • 7位  心霊術 生き人形遊び - 2,769 PV

    「ひとりかくれんぼ」とやり方が似ており、そこから派生したものではないかとも言われているが、使う人形によっては「ひとりかくれんぼ」よりも危険だという噂がある。 これも、一種の降霊術となっている。

  • 8位  心霊術 鬼門を開ける方法 - 2,742 PV

    2008年に、某掲示板にて「鬼門を開ける方法」というタイトルで投稿があった。 そして「本当に、人生が嫌になったらこれを試してください。」と書かれていた。 そして、これを試した人が怪死したのではないかと話題になった。

  • 9位  怪談・怖い話 夜行バス - 2,673 PV

    これは、知り合いかが体験したお話しなのですが、地方から東京へ遊びに来る為に友達と合わせて3人で行こうという事になった。 遊ぶお金を多く使いたいと考え、少し疲れるかもしれないけど3人は夜行バスで向かう事にした。

  • 10位  心霊雑学 心霊番組が減った理由2019年 - 2,634 PV

    近年心霊場組が減っている傾向に有ります。夏でも各テレビ会社での心霊関連の番組は少なくオカルト好き、心霊好きには寂しい限りです。そんな方々になぜ心霊番組が減ってきたのか近年の傾向から考えてみます。

  • 首吊り自殺を訴える男

    まだ、20代の頃の話ですがまだ仕事を始めて間もない頃に給料も少なく、生活が厳しく飲食店でバイトを内緒でしていた。

    暫くバイトをやっていると仲の良い友達も何人か出来、家に行って遊ぶようになっていった。
    詳細を見る

  • 通りすがりの落ち武者

    暫く仕事が忙しく、昼間にちょっとした時間が出来たからそのまま横になり少し昼寝をしようと寝ころんでいた。

    寝ていると、壁の方から落ち武者の生首が近づいてくるのが解った。もちろんこの世の者では無い。
    詳細を見る

  • 彷徨う女

    信号待ちをしていると、目の前の信号待ちをしている人混みの中にちょっと気になる女性が居た。は全身白の服装で、髪は肩より下なである清楚な感じな感じで、信号待ちなのでチラッと目に入った程度だった。
    詳細を見る

  • しゃがみ込んでいる人

    休みの日に、ひとりでご飯を食べに出掛けた時の事だった。

    何を食べようかと悩みながら駅前に差し掛かった時だった。
    詳細を見る

  • 死神の訪問

    知り合いの家に止まった時の出来事なんだが、夜も更けそんなに遅くは無いのだが寝る事にした。

    深夜に、知り合いの家の子供がいきなり大声で泣き出した。

    窓の方を見てみると、そこには黒くモヤモヤとしたオーラみたいなものを発した中年のおじさんんが窓にベッタリと手を当て無表情に中を覗き込んでいるのが見えた。
    詳細を見る

  • 憑いてきた子供の霊

    夏が終わりに向かおうとしている時期、ちょうど心霊番組特集が有り、友達とLINEで幽霊や心霊に関して話していた。話は盛り上がり、心霊スポットに行ってみようという事になった。

    子供の霊が出ると言われている公園の心霊スポットに行くことにした。その行為がまさか、あんなに恐ろしい事になるとは誰も思っていなかった。
    詳細を見る

  • 白いワンピースの女の謎

    白いワンピースの女

    各地の心霊スポットなどで現れるという「白いワンピースの女」の幽霊。どうして白いワンピースなのか。ワンピースブーム、ホラー映画「リング」影響、あの世で服装が変わった説など考えられる事をまとめてみました。
    詳細を見る

  • 心霊番組が減った理由2019年

    近年心霊場組が減っている傾向に有ります。夏でも各テレビ会社での心霊関連の番組は少なくオカルト好き、心霊好きには寂しい限りです。そんな方々になぜ心霊番組が減ってきたのか近年の傾向から考えてみます。

    詳細を見る

  • 歴代の霊能者

    心霊番組や新聞などで見られた霊能者と言われる人物や有名人をまとめてみました。
    詳細を見る

  • 歴代の心霊番組

    1973年のノストラダムスの大予言からオカルトブームとなり、様々な心霊番組が放映されてきました。今までどのような心霊番組があったのかまとめてみました。主に人気だったTV番組、心霊系の特集などされたTV番組を掲載。

    詳細を見る

  • 廃病院のカルテを持って帰ると

    廃墟になった病院にはカルテが散乱していてそれを持ち帰ると病院の看護婦から電話が掛かってきて「カルテを返してください」という電話が掛かってくるという怖い話の心霊現象の噂を聞いたこと無いだろうか。

    電話がかけてくる相手は「看護婦」というのが多いように思えるが、よく考えてみると少しおかしいなと思えることも有ります。どういった事なのか、誰から掛かってくるかなど考えてみました。
    詳細を見る

  • 心霊スポットになる場所

    心霊スポットには様々有りますが、どういった場所が成りやすいか、今までどんな所が心霊スポットになってきたのかを調べてみました。中にはここが心霊スポットなのだろうかと思うところも多いですが、やはり何かしらの理由があります。
    詳細を見る

  • 居酒屋で現れた女性の霊

    これは以前に仲間と食事がてら居酒屋に行った時の話しです。居酒屋はちょっと昭和を感じさせる居酒屋で、古風と言えば良いのかホッピーやサワーとかが有り、つまみも和風の焼き鳥や冷奴とか出す普通のお店でした。

    仲間とテーブル席に着き、取り合えずビールを頼み乾杯。
    詳細を見る

  • 守護霊

    人などに憑きその対象を守ろうとする霊で、飼っていたペットや先祖の霊が主に守護霊になる場合が多い。

    元々は、西洋の心霊主義における「Guardian Spirit」の訳語として、心霊研究家の「浅野和三郎」師が提唱して定着したものとされている。
    また、英語では「Guardian angel」という表現もされる。
    詳細を見る

  • 人魂

    人魂(ひとだま)とは、空中を浮遊する火の玉や光る玉の事で、死んだ人の魂が抜け出した物だと考えられている。

    その為に、見たという情報は墓地などが多く、事故現場や、死んだ人の家の庭死体の近く、沼や水辺、心霊スポットなどでも目撃される事がある。

    人魂の色は、青白などが有りバリエーションは様々で、尾を引いてあまり高くないところを這うように飛ぶと言われている。
    詳細を見る

  • エクトプラズム(ectoplasm)

    エクトプラズム(ectoplasm)という言葉は1983年にシャルル・ロベール・リシェがギリシア語のecto(外の)とplasm(物質)を組み合わせてつくりだした造語で、口、鼻や耳などから煙のような霊的エネルギーの半物質が体内から出て可視化したものと考えられている。

    体内から出たエクトプラズムは霊能力が無いと見ない場合が多いと言われており、高濃度なエクトプラズムは白く発光すると言われている。
    そして、一部の霊能力の有る者しか体外に出すことが出来ないとも言われている。
    詳細を見る

  • 池袋

    私がこの心霊関連の記事を書くようになる以前からの話し。

    池袋と言えばサンシャインが有り、歓楽街が賑わっていて関東近郊の人なら一度は遊びに言った事も有るだろう場所。

    そんな場所で怖い話しなんて無いだろうと思われるが、実は子供の頃に遊びに連れてきてもらった時なんか嫌な感覚が有ったのを覚えてる。

    そして、大人になってからも何か嫌な感じは変わらず、余りこの場所には居たくないと思っていた。
    詳細を見る

  • 曰くつきの土地

    以前勤めていた会社の話しなのですが、当時は従業員50人と余り大きい会社では無かったのですが、レクリエーションとして運動会的な模様し物をすることになった。

    その会場となる場所の公園では公衆トイレでは首吊り自殺をしたという噂や、焼身自殺をしたという噂があり、周辺では自殺が多い団地で知られる場所もあった。

    さらに、近くのアパートでは、めった刺しにされて死んだ有名人がおり、その後に入居した有名人も不可解な死を遂げたという事も有り、あの有名怪談師の話しにもなっていた。
    詳細を見る

  • 会社で深夜に遊ぶ子供の霊

    始めて務めたアニメーション会社での出来事なのだが。

    当時のアニメーション会社では徹夜での仕事というのが当たり前のように行われていた時代。

    そして、やはり給料が良くなく進んで徹夜仕事をしていた。

    会社は4階建てのビルで3階だったと思う。
    大分昔の事なのでうろ覚えのところはある。
    詳細を見る

  • マンションに居る子供の霊

    以前付き合っていた彼女の家に泊まりに行った時の話しなのだが。

    当時の彼女は実家に住んでおり、家族が旅行に行くから、という事で泊まりに行くことになった。

    お昼過ぎに家に着きマッタリと過ごしていた。

    近くには商店街やショッピングモールなど無く、家でゲームをするか、映画を見るかの楽しみしかないような場所だった。
    詳細を見る