ランキング

  • コックリさん

    昔に一大ブームとなり、学校では禁止されるほどのブームが有った。

    日本では「狐狗狸さん」とも言われ、狐の霊を呼び寄せる降霊術の一種とされている。
    ここから派生した「キューピッドさん」「キラキラさま」「エンジェルさま」というのもある。
    (さらに…)

  • 孤独死した霊

    【閲覧注意】昔、ここに住んでいた人が孤独死を迎え廃墟となったビル。

    もしかしたらと思い、写真を撮ってみたら、死ぬ間際に悲痛に助けを求める手だと思われるものが写っていました。
    孤独死して暫く発見されなかったそうです。
    (さらに…)

  • 塩まじない

    手軽に出来て、願いが叶うと噂のある「塩まじない」は、「無くすおまじない」で、やり方を間違えると、とんでもないことになり注意が必要だと言われている。

    就職、恋人、お金関係で試す人が多いみたいだ。
    (さらに…)

  • 盛り塩で結界を張る

    霊に取り憑かれた時や、体調がすぐれない時などに霊を「盛り塩」を使って部屋から追い出す方法です。

    強い霊は逆効果となる場合も有るため自己責任でお願いします。
    そんなに難しい事では無いので、最近なんかおかしいなって時は試す価値はあると思います。
    (さらに…)

  • 霊が取り憑いているか調べる

    友達数人で行う、目をつぶって手を握るという簡単な儀式的な調べる方。
    霊に憑かれている人は、その儀式の中で霊と手を握ってしまうという。

    一人ではできないのが難点だが、この儀式で霊が取り憑いているか分かるかもしれない。
    (さらに…)

  • 家に霊が居るか調べる

    テレビなどでも紹介された、家に霊が居るか調べる方法。
    この方法では、霊感がある人には解るというもので霊感のない人には解らないという。
    (さらに…)

  • 鏡の前でお辞儀

    「洒落にならない怖い話」の名作と名高い「リアル」という物語に出てきたやってはいけない儀式として噂さされている。

    内容では、霊能者に祓ってもらっても効果がなく、寺に逃げて事なきを得たという。
    同じように儀式をして、呼び出してはいけない異形を呼び出しとんでもない目にあったという人も居るようで、危険だと噂されている。
    (さらに…)

  • 百物語

    夜に明かりを消して蝋燭を100本灯し、1話話すごとに蝋燭の火を消していき、100話を話し終え最後の蝋燭の火を消すと本当の幽霊や怪が現れると言われている降霊術とされている。

    室町時代に始まり、江戸時代にはブームにもなった。
    当時のやり方は現在と違い行灯を使用する。
    また、本当に怪が出ては恐ろしいので99話で止め朝を待つ、という事もなされていたようだ。
    (さらに…)

  • 盛り塩で家に霊が居るか調べる
    盛り塩で家に霊が居るか調べる

    家に霊が居るか調べる方法として、「盛り塩」を使うという手段がある。
    少し時間がかかるかもしれないが、怖い思いが比較的少ない方法だと言えるだろう。

    異変のある所や、嫌な雰囲気がある場所、ここだけ寒気がするなど、空気が冷たいなどそんな場所をあらかじめ確認しておく。

    (さらに…)

  • 部屋で霊を探す

    携帯電話一つで、部屋に霊がいるかどうか動画撮影で検証できるという心霊術。

    かなりの高確率で霊が映りこむと言われており、危険なので興味本位でやってはいけないという。
    (さらに…)

  • やってはいけない儀式

    4枚の鏡と一本のローソクでやるこの「やってはいけない儀式」と言われている心霊術を試した者がおり、合わせ鏡の中にとても恐ろしいものが写ったという。
    あまりの恐ろしさに口が利けなくなり精神病院に入院

    最後に『見なければよかった・・・と言い残し亡くなったと言われている。
    (さらに…)

  • 首無しライダー

    各地のトンネルや峠で噂される首無しライダーの噂。
    この首無しライダーというのはバイクに乗っていた若者が事故に遭い死亡した霊だと言われている。

    しかし、なぜ首のないライダーなのか?

    落ち武者などは首を切られその怨念で霊となって現れると言うのは分かるが、バイクで事故を起こして首が取れたという事故はほぼ無いに等しい。
    (さらに…)

  • 自殺者が出る放送禁止の【暗い日曜日】

    暗い日曜日(くらいにちようび)は、1933年にハンガリーで発表されたヤーヴォル・ラースロー作詞、シェレッシュ・レジェー作曲による歌。初レコーディングされたのはハンガリー語で1935年。英語での最初のレコーディングは1936年。自殺者の出る曲として有名。
    曲調、歌詞ともに陰鬱さを醸し出した本作は自殺ソングとして、またヨーロッパやアメリカでは「自殺の聖歌」として知られており、歌詞の内容は暗い日曜日に女性が亡くなった恋人を想い嘆くというもので、最後は自殺を決意するという一節で終わる。

    (さらに…)

  • 白いワンピースの女

    【閲覧注意】帰り道に気配を感じて撮った写真
    画像調整してみたらそこに写っていました。

    (さらに…)